スポンサーサイト

カテゴリ カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付--.--.-- --:-- | コメント Comment(-) | トラックバック TrackBack(-) | 編集EDIT

マンネリ(・o・)ノ

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい(≧∇≦)


小梅です(・o・)ノ



マンネリですp(´⌒`q)




何が?



そう合戦検分ばっかりで飽きてきた(≧∇≦)



止めたらいいだけなんですけどね( ̄∀ ̄)




ただ報酬を考えれと(≧∇≦)





止められないp(´⌒`q)



今日で最後なので頑張って貯めよう(≧∇≦)




あっ…




pt一ヶ所忘れてた…。



まぁ頑張って貯めよう(≧∇≦)




最近 私は合戦に夢ちゅーで一門を結構 ほったらかし…(ノ△T)



来週はみんなで攻略でも行ってみよう(≧∇≦)





まだピチピチだからなぁ~



関1でも行ってみようかな




うん、そうしよう(≧∇≦)






第一回 「小梅日和」関に挑む




メンバー集まるかな…(笑)





集まらなかったら中止(≧∇≦)





もうあれだね。



私的 筆頭のあり方は「適当」これだね(≧∇≦)




そんな小梅一門にあなたも入りませんか(≧∇≦)



すれてる方はお断り


ボス戦で負けても笑って終われる 人大歓迎(≧∇≦)




小梅の小説もどき

黒ちゃん…

アリス…

夢さん…


三人は血だらけになり地面に倒れている。

生きているかも解らない状況だった。


ただ茫然と立つだけの小梅に刻神が襲いかかる。


刻神「その顔は絶景だな。殺すのはおしいがさよならだ。」



振り上げた腕は小梅の心臓を狙った。

小梅は死と言うものに抗う事もなく立ち尽くし目を閉じた。


刻神「むっ!」

きこえてきたのは小梅の心臓を突き破る音ではなく聞きなれない金属音。

瞳をあけ小梅がみた風景。

そこには血だらけで恐らく立つだけでも困難であろう黒の姿があった。

黒「に、にげろ…」

小梅「ば、ばかじゃないの!!!いつも頼りないのに…、情けないのに…なんで・・守ってんのよ…」

黒「たまには…格好つけないと…」


そういいながら黒は地面に崩れ落ちた。

小梅「黒ちゃん…黒ちゃん??」

黒の呼吸が止まる。

刻神「滑稽だな。まぁこれはこれで絶景だったな。じゃお前もそろそろ後を追うといい。」


小梅「滑稽?これのどこが滑稽なんだよ…」

小梅の瞳からは一滴の涙が頬を伝った。

小梅「ごめんね黒ちゃん…最後はかっこよかったよ。ありがとね。気休めだけど傷癒しとくね。」

優しい光が黒を包んだ。


つづく。









スポンサーサイト

日付2012.05.29 11:10 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

軍って…軍って…。

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい(・o・)ノ


小梅です(・o・)ノ




最近のメイン軍ばっかり(≧∇≦)




私、殴る方が好きなんですけどね(≧∇≦)



でも、軍には何だか魅力を感じるのです




まだまだ62歳のピチピチだからこれから楽しみです(≧∇≦)




弓軍にしたいな( ̄∀ ̄)




暇な時に自作してみよぅ






小梅の小説もどき

(みんなここで死ぬんだ…)

ゆっくりとアリスに近づく刻神。


(アリス!)



声に出そうにも恐怖で押し戻される。


立っているだけで精一杯だった。



アリス「負けないもんっ!!」



小さな身体で必死に闘うアリス。


ただただそれを見ることしか出来ない小梅。



鮮血と共にアリスの身体が地面に崩れた。


刻神「さぁ、あとはお前だけだな、どんな時を刻もうか。」



続く。

日付2012.05.28 10:25 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

魅力足りないp(´⌒`q)

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい(・o・)ノ

小梅です(・o・)ノ




早速ですが

信ライフ
昨日は合戦検分1000pt貯めました(・o・)ノ



反省する点は1つ



検分中の時に一門メンバーから「暇だぁぁぁ」との叫び。



しっかり聞いていたよ…



でも検分に必死で(ノ△T)



ごめんなさい(ノ△T)



自分の育成に必死でした…。



筆頭として駄目だなぁと落ちる時にしみじみ思いながら(ノ△T)




そんでもって井伊さんと初対面




まぁ魅力が足りない


2が漏れまくりで旗直撃p(´⌒`q)



ごめんなさい(ノ△T)



で敗北を味わいましたp(´⌒`q)




その後、関1に(≧∇≦)


はらいせに虐めてやろうと雑魚呼ばわりしてよゆ~



なんて言ってみたり(≧∇≦)





まぁ、けつ出して死亡。


タックル止めて下さい。




あの羞恥は私には耐えられない。






なしゃけなぃ1日だった



じゃまたぬ~んノシ

日付2012.05.27 09:32 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

ライバルとの間にある物。

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい(・o・)ノ

小梅です


今日は思った事を書いてみよう(・o・)ノ
私には信で知人が少ないです

一門メンバーとか自適メンバーさんとか別にすると片手で数えれるほど


この原因は私にあり




何故なら私は口が悪い(≧∇≦)



だからと言って人の動きとかに決して文句はいわないですよ




ただただ生意気なんです(≧∇≦)



礼儀がないと言うかなんというかp(´⌒`q)




ただ私の心を奮起させる人物がいます(・o・)ノ




そう、クソムシこと黒ちゃんです(`ヘ´)



クソムシには絶対に負けたくない(`ヘ´)



信に関する事全般負けたくない(`ヘ´)




キャラ育成もその為にがんばってる(・o・)ノ






ライバルっていいですね(≧∇≦)



私の心を奮起させてくれる(・o・)ノ



私とライバルの間にある物。



それはうすっぺらな物じゃなく見えたり言葉にする事は出来ないけどたしかにそこにある物。



大切にして行こうと思います





追加。
道場ならいつでもこい

クソムシがっ

日付2012.05.26 10:04 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

たまってる…

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい(・o・)ノ
小梅です


確実にたまってる。




そう検分が(≧∇≦)



昨日は合戦に行くのが遅くなったから1000ptはたまらなかったけど700ぐらいは貯まったよ(・o・)ノ



合戦に住み着きたいのだけどptが何気にあと二カ所のこっちょるぅ~(ノ><)ノ


今日はptかな…。


迷うp(´⌒`q)



小梅の小説もどき

小梅「夢さぁーん!」


小梅の声と共に夢の腹部に刻神の手が突き刺さる。


夢「ぐっ…」


アリス「夢…しゃん…」


夢「く、くらいな…」


片方の手に隠した持っていた木の枝を精一杯の力で投げた。


夢「かわせるなら…かわして…みろ…」


刻神「くっ。」


零距離から放たれた木の弾丸は刻神の肩を貫いた。



刻神「この小賢しいクソムシがっ!」



突き刺した手で夢を振り払った。


夢の身体は力なく宙を舞う。


続く。

日付2012.05.25 09:51 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

タイトルってかまるよね

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい
小梅です(・o・)ノ

皆さん 気温が暖かくなってきました(゜∇゜)

夏が近づいてくる感じですね(・o・)ノ




そして最近ダイエット始めました(≧∇≦)



目指せガリガリ君



昨日は休みでメンテナンス明けに城攻め(・o・)ノ


凶イザに行きたいのだけど敷居が高い気がするのは私だけ(-o-;)



だから私は城でいい(≧∇≦)



まったりと1丹半かけてペチペチ(`ヘ´)

二時間弱で終了(・o・)ノ


もっと時間を短縮したいな(-o-;)



そんなこんなで軍と法は二カ所終わり(・o・)ノ


合戦だから検分を貯めたい


今日あたりコソコソいこうけうかな(≧∇≦)


じゃまたぬ~ノシ


日付2012.05.24 10:01 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

タイトルはありません。

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

そのボタン。
魔の威力…。

はい(‘o‘)ノ
小梅です


信ライフは一門で比叡山 4神 陸1に遊びにいってきたぉ♪

ssいっぱいとったかあら載せる♪
縺コ縺・%・胆convert_20120523115905
武芸育成中の「ぺい」ちゃんです(’’


縺ォ繧・k_convert_20120523115828
蘭るんちゃん 一門名「にゃる子orにゃる」
綺麗にとれたかな?

邏・ュ撰シ胆convert_20120523115923
防人さん 一門名「紅子」
ごめんいい写真がなかったw

譯應コ包シ・・縺」縺浩convert_20120523115725
自適の方々
お手伝いありがとぉ~♪

繧€繝シ・棒convert_20120523115944
まぁ 説明なしで。

そんなこんなでみんなで遊びました♪

その後、私は城攻めへ。
初戦闘で寝落ち><

本当にごめんなさい自適一門さま・・・。






もう小説もどき辞めたくなってきた(≧∇≦)

書くのがめんどきさいや(゜∇゜)

小梅の小説もどき

小梅「黒ちゃーん!」


呼び方に振り返る事なく地面に崩れていく中、その人物は姿を見せる。

そう、まるで九歳ぐらいの子供の姿だった。


「僕は時を刻時する。刻神とも言っておこうか。」

夢「黒…ちゃ…ん」


小梅「夢さん!駄目!」

小梅の声は届かず夢は刻神に襲いかかった。


刻神「君、怒ってるね。ただ醜い時が刻まれてる。」


夢「このぉぉぉー!!」

夢は、刻神向かってる走り出すと同時に地面の枝を拾い投げつけた。


刻神「やれやれ。君にも刻まみましょうか。絶望を」


つづく。

日付2012.05.22 13:40 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

城攻め(・o・)ノ

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい(・o・)ノ

小梅です

リアルマネー消失です

気分はがた落ち(ノ△T)


信ライフ

昨日は大友城攻めにいってきました(゜∇゜)

巫女と②垢で行ったんですがまぁ巫女やった事ないから動きが悪いこと(≧ε≦)


自適メンバーさんには迷惑かけてしまったかな(・_・;)


そんなこんなでpt二カ所終わり(≧∇≦)

何時いっても楽だね

そろそろ僧兵と術忍に手を出そうかな(゜∇゜)


小梅の小説もどき

そんななか夢が奮起し声をはりだした。


夢「逃げろー!!」

その声に恐怖していた身体が僅かに動く。

黒「やばい、やばい。逃げなきゃ。」


先頭をきったのは黒だった。

みんなが後に続く。

どっちの方角に向かってるか解らず、兎に角 足を前に出す。
しかし死人は襲って来る事なく立ちすくんでいた。


小梅「襲ってこない…?」


アリス「黒ぉ~」

黒「ぐっ」


アリスの声が耳入り視線を黒に追う。


そこにあった光景は必死に逃げる黒の姿ではなかった。


夢「黒!!」


黒の身体を何かが貫通していた。


膝が地面に付き血が垂れ落ちる。

「逃がさないよ。」

その言葉と光景は、押し殺した恐怖を呼び覚ました。

日付2012.05.22 09:56 | コメントComment(4) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

何処でつかうの?

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい(・o・)ノ

小梅です

明日は日食って事で、観察用サングラス?を昨日買いに行きました(≧∇≦)

が、何処も売り切れ(ノ△T)

探してる中で見つけたのがこの子。

堂々と真っ直ぐに立ち上がっています。

そんなに頑張らなくて良いんだよって言いたくなるぐらいに…。


一人でも風にも負けず頑張ってたんだね…。


私には寂しくて仕方ないってイメージだたのです。


そんなたくましい子。

写メしたので画像アップしときますね。

123_convert_20120520140045.jpg

どうしたこの醤油…
何処でつかうの…?



信ライフ

昨日はゆっきーに行ってきたのぉ~(≧ε≦)

勿論圧勝とはほど遠かったけど何回かやって勝ち(≧ε≦)


まぁ、戦利品には触れないでおきますね


気になるかたも察してください(ノ△T)


今日は私が思う軍の欠点であり良いとこの技能が一個

鳳凰で実装されたコピー技能。


このタイミングは難しい

難点は二者詠唱のメッキを消してしまうこと

良いとこは衣は看破②でも青▲が残る事。


なので鍛冶の至り後すぐのコピーは好ましくない

lv2付与が切れた辺りがベスト(≧ε≦)

軍やってる方なら誰でも知ってそうな事ですね


今回はコピーのタイミングと奥義のタイミング、これを少し意識して闘ってみました(・o・)ノ


まぁ前回より少し上手く行けたと思います(ノ△T)


ただkpとか一回も行かなかったからそこ反省(・o・)ノ

次回はもっと上手くいけるように精進(≧∇≦)



小説もどきは今日もお休み><

日付2012.05.20 12:32 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

太陽は私に影を作る。

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい

小梅です(・o・)ノ

太陽が私の影を作るのです(ノ△T)


肩を落としたシンョンボリした影。


これを見る頑張れと奮起したます



何をって?



何だろう…。


人生かな(≧ε≦)



信が出来てる私は幸せなのかも知れない(≧∇≦)


リアルの時間を費やしお金を費やし…。

これは哀れむ方もいればそうじゃない方もいるでしょう



ただ私は信ライフで知り合った人達 一門メンバーを大切に思いたい(・o・)ノ


顔は知らずともイラっとする事も嬉しくなる言葉も大切にしたい。


そう感じる今日この頃(・o・)ノ


あぁでも信の中では微塵もそんな態度はとりませんけどね(≧ε≦)



私は寄生虫だから(≧∇≦)


人を生業として生きるのです(・o・)ノ



私の金策は他人から貰う

特に桜井さんから


桜井さんには感謝


あとは材料を貰って透漆とかイロイロノック


これもまた原価0


えへへ(≧∇≦)


そう、私は寄生虫。

知らぬ間に財産を食べ尽くす。



そしてその儲けは寄生虫の一門メンバーに配布



極端に言えば自然の設立。


太陽が影を作るように私は桜井さんの財産を減らす事に命を削ろう。



おそらく読むであろう桜井さん。


今日はヒノキ材が欲しいです


冗談だすっ(≧∇≦)



あとがき
このブログ、良く考えたら私のぶざまを晒すブログになってるような…。


糞小説もどきに*話にいかに寄生虫か…。

まぁいいか(≧ε≦)

日付2012.05.19 09:02 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

軍学侍遠き道を行くが如し。

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい(・o・)ノ

小梅です(≧∇≦)


タイトルが…。


パクリです(≧ε≦)


誰かの何処かのブログの(¬з¬)


軍学は面白いね

私の中では今 一番のヒットです(≧∇≦)



何が好きかって?


やっぱりコピーが好き


他力本願な所が私にあってる(・o・)ノ


そんなこんなで今週の土曜日はゆっきーに誘われたぁ


軍で3回目(≧∇≦)



ゆっきーはそれなりに強いよね



だからこそ闘ってて楽しい(≧ε≦)


コテンパンにしてやるぅ



殴れないんだけどね…。


気分だけはボコボコにしてやる(≧∇≦)



あっ。


あとね、全く関係ないけどウォシュレット。



あいつヤヴィ



まず使わない派何だけど…。


家に付いてるから、昨日使ってみたのね。


*が熱かった


何度?何度のお湯出てんの


沸点超えた熱さでビックリして思わずかわす私。


ええ、奴も直ぐには止まらずトイレで噴水


夏が近くなってきた証拠


言うまでもなく無くもう使わないし、片付け大変だった(ノ△T)



*火傷したかな…。


日付2012.05.18 10:57 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

決断の時。

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はい(・o・)ノ

小梅です(≧ε≦)



決断の時です(・o・)ノ


何を?


そう、私の武芸さんがおさらばの時です



神典を作るか殺陣を作る事にしたです


おそらくは神典になると思われる



まだ先の話なんですけどね(≧ε≦)



かなり先の


そして昨日の信ライフはptに行っておしまい(・o・)ノ


今日は一門で九州にお出かけしよと思う(≧∇≦)

早くみんなで城攻め行きたいなぁ



そしたらptは楽だし


まったり攻略もしていこぅ(≧∇≦)


一門メンバーはいつでも募集中だす



小梅の小説もどき


小梅「今よ!みんな逃げるよ!」

三人は首を縦に振る。

力強く地を蹴り上げようとした瞬間、全員の動きが止まる。

何故、足が止まったのか解らずに四人は目を合わす。

小梅「な、なに?」

黒「わかんない…。」

ふきとばされた死人達がゆっくりと起きあがる。


小梅「にげなきゃ…。」

考えてとは裏腹に足は動かなかった。

多分それはみんな同じだったんだ…。

見えない恐怖に身体が動かなかった…。

みんなの荒い息がやけに耳についた。

つづく。

日付2012.05.17 10:35 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

き、今日こそインするんじゃぃ(・o・)ノ

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい(・o・)ノ
さぼりっこの小梅です

そうです信ライフさぼりっこなのです(≧ε≦)

そんな日があってもいんじゃない?

いいよね(≧∇≦)

でもでも、今日こそインするんじゃぃ(・o・)ノ

「今日こそインするんじゃぃ」なんかこのフレーズが気に入った(≧∇≦)

最近ね、顔文字?を使うようにしてみたんだけど…(・_・;)

なんか表現力が増すような気がするんじゃぃ(≧ε≦)

気のせい?

きのせいかのぉ~。

あっ、話がずれた(・_・;)

信ライフね

今日こそインするんじゃぃ(笑)

いいたかっただけ

じゃぁばいび~
(・∇・)ノシ



小梅の小説もどき

囲まれた小梅達。

死人の朽ち果てた爪は小梅達を襲い始めた。

夢「痛っ!」

黒「このくそっ!」

大きな盾を振り回す。

盾としての役目はすでになく、殴る道具となっていた。

小梅「アリス!」

死人は群がりアリスを襲う。

アリス「いたぁ~ぃ!」

手足を噛まれ、アリスの肉がひきちぎれる。

小梅はアリスに群がる死人を必死に引き剥がした。

小梅「まってて。」

アリスの傷に手を当てた。

青い光がアリスを癒やしていく。

アリス「梅ぇ~ありがとぉ」

小梅「アリス。もう限界だよ!能力使って!」

アリス「まだ完全じゃないけどぉ。」

小梅「これ以上は無理だよ!痛っ…。」

小梅の肩に死人が牙をたてる。

それを見たアリスは慌てて能力を発動させる。

圧縮された水分がアリスを中心にはじけ飛ぶ。

その威力は完全とは言えずも死人の群れを吹き飛ばした。




つづく。

日付2012.05.15 11:04 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

今日からまたインじゃぃ(・o・)ノ

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい
小梅です(・o・)ノ

はい。
信から姿を消して4日目。

こうして信から離れると正直、時間にゆとりと言う物ができますね(≧ε≦)

日常になった信を非日常にしたら、信の引退を考えてしまった(・_・;)

でも今日からインするんじゃぃ(≧ε≦)

なんでインする事にしたかと言うと、まぁ正直暇(・_・;)

勉強しなきゃいけないんだけどね

何より多少寂しがっている桜井さんがいるみたいだから(≧ε≦)

サボってたからpt大変だな

今日は城攻めにいって、何処一カ所おわらせて軍は終わり予定(・o・)ノ

法は城いけないから三カ所いかないと

う~ん 無理

諦めよう(≧ε≦)




久々の小説もどき書く(・o・)ノ

小梅の小説もどき

黒「こ、これ…」

枯れ葉をのけて手に取り上げた。

それは人一人が隠れるほどの盾があった。

黒「武器…武器はないのか…」

枯れ葉の中を探るも武器は出てこなかった。

黒「くっそ…」

夢「きゃぁ!!」

死人は等々目の前までやってきて夢を襲う。

それを見た黒は盾を構え死人に突進していった。

黒「おおおおぉぉぉぉ!!!」

黒「みんな逃げろぉぉぉ!!!」

夢「黒ちゃん…」

小梅「黒ちゃん…」

アリス「黒ぉ~」

小梅「状況考えて言えよ!!無理だろ!!囲まれてるんだから!!このバカッ!」

夢「どう逃げろってさ!周りがかこまれてんだよ!!!」

アリス「無理ぃ~」

黒「・・・」

黒(かっこよく決まったと思ったのに…)


つづく。

日付2012.05.14 11:33 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

久々に(・o・)ノ

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

小梅です(・o・)ノ

久々にカキカキしてます(≧ε≦)

GWの信ライフは全く書く事ないです

あえて何かを書けと言うなら神秘が当たりました(・o・)ノ
軍に魅力67が来ました


サブステは属性ですけどね(笑)

まぁゆっくりと装備を作ります(・o・)ノ

さてさて

小梅の小説もどきなんですけど自分が何処まで書いたかすら覚えていない始末です(・_・;)

なので次回書き込みまで整理してかきますのかね(・_・;)

でわでわノシ

日付2012.05.12 14:42 | コメントComment(4) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

プロフィール

小梅です♪ほっこり活動中

Author:小梅です♪ほっこり活動中
真紅鯖で活動中の小梅一族です♪
城友募集♪
「春梅城」

柳大梅(透漆職人)
職業:修験61

梅小春(活動停止中)
職業:召喚60


橘咲夜(メインです♪)
職業:軍64


半熟小梅(最近チョイチョイ)
職業:僧兵61


完熟梅子(最近チョイチョイ)
職業:術忍61


天翼 羽花(マッタリ出没)
職業:法63

莉琥(育成中)
職業:神典61

所属:ALL雑賀です。

面白ければぽっちっと♪
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。