スポンサーサイト

カテゴリ カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付--.--.-- --:-- | コメント Comment(-) | トラックバック TrackBack(-) | 編集EDIT

関pt(゜∇゜)

カテゴリ カテゴリ: 未分類

昨日は軍で関ptに行ってきましたよ( ~っ~)/

いやぁ~眠たかったです(・_・;)

初めて寝落ちしそうでした

大師匠ご迷惑をおかけしました(ノ△T)

でもこれで軍もあと一カ所だぉ

小田原行っちゃおうかな



小梅の小説もどき


黒「プッ」

小梅の無様な姿をみて黒がほのかに笑う。

小梅「なにさ!」

地面にへたり込んだまま鋭いまなざしを黒に向けた。

黒「いぁ~べつに~♪」

小梅(くそっ、馬鹿にして…)

小梅が小石を手に取り黒に投げかけた瞬間、鼓膜に震え上がる。

それは黒にも届いたのか耳を両手で抑えた。

アリス「あっ…、逃げた方がいいかも♪」

アリス「あのね、時食らいはしっかり止め刺さないと仲間を呼ぶのらしいの~」

小梅「早く言いなさいよ!!!そしてしっかり倒しなさいよ!!」

アリス「ぶぅ~」

アリスは口を尖らせ少しふてくされた。


その間に時食らい達が集まりだしてきた。

黒「なんだよ…この音…」


小梅は耳を押さえながら後ろを振り返った。

そこには先程の時食らいの姿はなく、数匹もの時食らいが融合して行く。

暗がりの中でもその姿がやばい事は小梅にも解った。


小梅「これ…やばいんじゃない…?」

アリス「やばいかも~♪私もこんなの相手にした事ないし♪」

小梅「逃げるよ!!」

その時、周りの音が急に静かになる。

黒の表情が恐怖でひきつる。

小梅は振り返る事なく、黒の表情で恐怖が伝わってくる。

小梅「黒ちゃん…どうしたの…?」

黒「なんだよあれ…」

黒が指をさす方向に首をやる事ができなかった。

それほどの恐怖が小梅をすくませた。


つづく。


スポンサーサイト

日付2012.03.17 09:26 | コメントComment(2) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

コメント

#

臨場感が伝わってくる文章ですね。
次は何が出てくるのか?どうやって切り抜けるのか?

次回も楽しみにしてます^^

2012.03.19(Mon) 00:58 | URL | EDIT

小梅です♪ #

黒ちゃん ありがとう♪
正直 臨場感はあまりないと思うのですがw

お世辞でもうれしいです♪

これ励みにまた頑張るね♪

2012.03.19(Mon) 12:07 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

プロフィール

小梅です♪ほっこり活動中

Author:小梅です♪ほっこり活動中
真紅鯖で活動中の小梅一族です♪
城友募集♪
「春梅城」

柳大梅(透漆職人)
職業:修験61

梅小春(活動停止中)
職業:召喚60


橘咲夜(メインです♪)
職業:軍64


半熟小梅(最近チョイチョイ)
職業:僧兵61


完熟梅子(最近チョイチョイ)
職業:術忍61


天翼 羽花(マッタリ出没)
職業:法63

莉琥(育成中)
職業:神典61

所属:ALL雑賀です。

面白ければぽっちっと♪
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。