スポンサーサイト

カテゴリ カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付--.--.-- --:-- | コメント Comment(-) | トラックバック TrackBack(-) | 編集EDIT

桶狭間 ボス(゜∇゜)

カテゴリ カテゴリ: 未分類

はいさぃ

小梅です(・o・)ノ

昨日は法で桶狭間の特務を二つこなしてきたよ(゜∇゜)

まぁなんですか…。

グダグダでしたね
私の動きが非常に悪い。

そのせいもあってグダグダ(ノ△T)

中身のスキルが足りないねぇ(T_T)

精進しないといけないなぁ

あとボスは腕力より魅力がいいね…。

実感した日でした(゜∇゜)

とりあえず勝てたけど…w



小梅の小説もどき

アリス「しばらくの間は止められるけどぉ…。」

アリスは何かを濁しながら話す。

小梅(ずっと止めてられないって事ね…)

小梅「わかったよ。それまでに治療しないとね。」

少し俯いていたアリスの頭を優しく数回叩く。

ただ、その優しさは意味もなく小梅の意識は遠くなる。

小梅「あれ…おかしいな…目が霞んで…。」

アリス「小梅ぇ?小梅ぇ?」

アリスが身体を揺するも小梅の身体は反応する事はなかった。

黒「またまたぁ~。小梅さん冗談はもういいですょ~。」

近くにあった草木で小梅の鼻の穴をいじくる。

黒「ん…?小梅さん?小梅さん!?」

慌てて心臓の音を確認する。

黒「う、動いてない…。」

アリス「いやだょぉ…小梅ぇぇ…」

アリスの頬に雫が落ちた。



静かな時間が暫く続いた。
響きわたるったのはアリスの鳴き声だけ。




黒「もう…行こう…。ここにいてもいつまた…」

気が付けは致死量に値する血の水溜まりが出来ていた。

アリス「嫌だ…。小梅は置いていかない!」

小さな体で必死に小梅を背負った。

力が抜けた小梅の身体を引きずるようにアリスは歩きだした。

それをただ見る事しか出来ない黒だった。


つづく。
スポンサーサイト

日付2012.03.25 09:57 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

プロフィール

小梅です♪ほっこり活動中

Author:小梅です♪ほっこり活動中
真紅鯖で活動中の小梅一族です♪
城友募集♪
「春梅城」

柳大梅(透漆職人)
職業:修験61

梅小春(活動停止中)
職業:召喚60


橘咲夜(メインです♪)
職業:軍64


半熟小梅(最近チョイチョイ)
職業:僧兵61


完熟梅子(最近チョイチョイ)
職業:術忍61


天翼 羽花(マッタリ出没)
職業:法63

莉琥(育成中)
職業:神典61

所属:ALL雑賀です。

面白ければぽっちっと♪
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。