スポンサーサイト

カテゴリ カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付--.--.-- --:-- | コメント Comment(-) | トラックバック TrackBack(-) | 編集EDIT

ネタなし!!

カテゴリ カテゴリ: 小説もどき

はい。

小梅です。

今日は会社に遅刻した小梅です。

信ライフなんですけどネタありません・・・

ばら撒きで青と高千穂がでたぐらいで。。

あとは特に(’’

ってことで小説を書きますね。


小梅の小説もどき

静寂になったのはほんの一瞬だった。

霧の中からは奇妙な声が無数、此方に向かってくる。

黒「な、なんか臭くない…?」

小梅「黒ちゃんじゃないの…。」

それは黒とは異なる異臭だと、誰もがわかっていた。

自然と全員が背中を合わせ円になる。

夢「な、なんなのよ…。」

霧の中から出てきた人間だった。

ただ間違いなく死んでいる。

腐敗した身体からは蛆が湧き歩くたびに、皮膚が地面に流れ落ちる。

小梅「時喰らい…?じゃないよね…。」

それが時喰らいじゃない事は直ぐに解った。

助けてと言いながら腐り果てた目から涙をながす。

楽にしてと言う者もいた。

そこには意思があった。

ただ、意思とは裏腹に小梅達に襲いかかっる。

黒「くっ…」

黒の腕に噛みつき腐り人は肉をひきちぎる。

小梅「黒ちゃん!」

慌て夢が腐り人を蹴り飛ばす。

黒「いってぇ…」

腕からは血が流れうっすらと骨が見えた。

すかさず小梅は黒の傷を癒やし、アリスは霧の水分を集める。

小梅「大丈夫?」

黒「俺、ゾンビになるのかな…。噛まれたから…。」

小梅「なったら私が殺してあげるわよ、そんな事より今の状況をなんとかしなきゃ…。」

黒「梅さん…。」

酷い言葉の中にも梅の優しさを感じた黒。

黒(俺も闘うんだ、逃げずに闘うんだ。みんなを守るんだ。イメージしろ護るイメージを。)

黒は地面に落ちてた木片に手を添えイメージする。

徐々に思いが形になってくる。



続く。
スポンサーサイト

日付2012.04.26 12:16 | コメントComment(0) | トラックバックTrackBack(0) | 編集EDIT

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

プロフィール

小梅です♪ほっこり活動中

Author:小梅です♪ほっこり活動中
真紅鯖で活動中の小梅一族です♪
城友募集♪
「春梅城」

柳大梅(透漆職人)
職業:修験61

梅小春(活動停止中)
職業:召喚60


橘咲夜(メインです♪)
職業:軍64


半熟小梅(最近チョイチョイ)
職業:僧兵61


完熟梅子(最近チョイチョイ)
職業:術忍61


天翼 羽花(マッタリ出没)
職業:法63

莉琥(育成中)
職業:神典61

所属:ALL雑賀です。

面白ければぽっちっと♪
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。